ニシキハウジングちょっと聞きたい相談窓口

たとえばお金のことや家庭環境のことなど、聞きにくいことも、匿名で気兼ねなくご相談ください! 
弊社スタッフより返答さしあげます。

メールアドレス
お問合せ内容

買い時の話 いつかは夢のマイホーム でも、その「いつか」っていつ?いちばんの「買い時」っていつなの??

こんなお悩み、抱えていませんか?

たくさんの人が、
「マイホームなんてまだまだ先」
「夢の話」と考えています。
たとえば、
こんな風に考えている人、いませんか?

  • 差し迫っていないから……購入なんてまだ無理!と思っている人
  • 貯金がゼロだから……まずは貯金してから!と思っている人
  • 母子家庭だから……借入できない!と思っている人
  • 車も、カードも……ローンがあって無理!と思っている人
  • 新築をオススメされるけど……中古の方が安い!と思っている人
  • とにかく色々と……諸事情があるの!と思っている人

実は、きちんとライフプランを考えて、
お金のシミュレーションをすれば、
その夢、今ここで、実現するんです!!

今が買い時な理由 〜お金のために〜

賃貸の家賃は捨ててるだけだから……

今と同じ家賃で、マイホームを買えるとしても、
賃貸の家賃を払いつづけますか?

いま住んでいるマンションやアパートなどの賃貸物件の家賃は、言わば“捨てて”いるようなもの。ずっと払い続けたところで、将来的に自分の資産になることはありません。
家族にとって大切なお金を、どのように使うかを、真剣に考えるのであれば、「いつかは……」と考えていたマイホームの購入、できるだけ早めの方がいいと思いませんか?
少しでもピンときたら、善は急げ。賃貸の家賃と同じ金額で、マイホームを買うタイミングは、まさに今なのです。

お金のことを考えるなら、早めのマイホーム購入がオススメです!

オススメ1 お支払に関して

販売価格 土地+建物 2,200万円(税込)※外構費別途
憧れのマイホームが月々00,000円の支払いでの購入が可能です! 現在の家賃+駐車場代が6万円の場合、1年間で総額72万円の支払いとなります。年間72万円、資産にならないお金を払っているということ。

オススメ2 ローンに関して

購入が早ければ早いほど
将来が楽になる!?

住宅購入時のローンは、ほとんどの人が、最長35年で組みます。
早いタイミングで購入すれば、完済するのが60歳から65歳くらい。つまり定年を迎える頃までに払い終えることも可能になります。

低金利の今こそが、
ビッグチャンスです!!

金利が上がった時にもっとも影響を受けると言われているのが、住宅ローン。高金利になると、ローンを組めなくなる可能性すらあります。
低金利の今こそ、最後のチャンスかもしれません。

住宅ローンの控除を
受けられます!

ローンを組んでマイホームを買った人だけに設けられた税金の控除制度があるのをご存知ですか?
いま家を買えば、支払った所得税額に応じて、税金が返ってくる住宅ローン控除が活用できる可能性があります。

今が買い時な理由 〜子どものために〜

一緒に過ごせるのは、中学生くらいまで……

幼少期の思い出は、今しかできないもの。
マンション・アパートより子育てに適した環境を!!

可愛いお子さんと同じ空間で同じ時間を過ごし、かけがえのない思い出を共有できるのは、せいぜい中学生に上がるくらいまでのたった10年ほど。そんな貴重な期間を過ごす場所だからこそ、住環境には徹底的にこだわりたいものです。
そんな家族の願いを叶え、お子さんのより健やかな成長をうながすためにも、マイホームの購入を検討してみませんか?
お子さんが大人になってもずっと残り続けるマイホームで、家族の大切な思い出をたくさんつくってください。

誕生日にはパーティーを。行事も充実させたい!

理想の間取りで、理想の暮らしを。
増え続ける子どもの荷物にも対応します!

現在お住まいの賃貸物件は、夫婦2人暮らしだった頃の延長線上のもので、お子さんの成長や、家族としてのライフスタイルが考慮されていないものではありませんか? リビングスペースに余裕がなかったり、収納が少なくて、ついつい部屋が散らかったり……。
そうなると、お子さんの友達が遊びに来た際や、お誕生日や入学記念のパーティーなどの思い出も、充実したものになりません。
マイホームを購入することで、賃貸物件では叶わなかった理想の間取りやライフスタイルを実現させてください。

今が買い時な理由 〜万が一の備えために〜

主人に何かあったらローンはどうなるの?

主人が働けなくなったらどうしよう……
家を買うことで保険になるって本当?

マイホームを購入して、住宅ローンを組んだ場合、自動もしくは任意で、「団体信用生命保険」に加入することができます。
これは、万が一、契約者(大抵の場合は家主であるお父さん)が、死亡または重篤な障害・疾病になった時に、残っているローンを保険でまかなえるというもの。※
つまり、マイホームを買うことで、もしもの時に、家族と家を守ることができるということです。※加入する団体信用生命保険の契約により異なります。

今すぐ買える!オススメ物件